メタボメ茶の口コミと副作用について調べてみました。

メタボメ茶を初めてお試しする方へ!口コミと副作用について

副作用の心配がなく安心して飲めるメタボメ茶

更新日:

副作用のリスクが低いことがメタボメ茶の特徴

メタボメ茶は厳選された4種類のお茶(ダイエットプ―アール茶、烏龍茶、黒豆、杜仲茶)がブレンドされていますが、原材料から焙煎まで徹底的にこだわって作られているため、大きな副作用もなく安心して飲むことができます。

ただ、どのような食品にも言える事ですが、過剰摂取は体によくありません。例えばメタボメ茶を過剰に摂取しすぎると水分の摂り過ぎで下痢などになることもあります。また、原材料に黒豆が入っているので、大豆アレルギーの人は残念ながら飲むことができません。また、人工透析をしている人、C型肝炎などの人はあらかじめお医者さんに相談する必要があります。

1杯のお茶の中に様々な成分が含まれるメタボ茶ですが、種類が多いために一つ一つの成分量は多くありません。そのため効き目はマイルドになり、メタボメ茶に副作用が少なく安心して飲める理由の一つともなっています。

メタボメ茶の正しい飲み方

メタボメ茶は特に強い成分が入っているお茶ではないため、あまり細かいことを気にせず、自分の生活ペースに合わせて楽しめばよいのですが、より美味しく健康的に飲むためにいくつか知っておいた方がいいことがあります。

まず、空腹時に大量のメタボメ茶を飲むことは避けましょう。油を分解するサポニンの作用によって胃が荒れやすくなることがあるからです。また胃腸のあまり強くない人が一度に大量に飲むと下痢をしてしまうことがあるので、最初は空腹時を避け、少しずつ様子を見ながら飲むようにするとよいでしょう。

より美味しく、効果的に飲むには、ちょっと濃いめに淹れることがコツです。ポット用ティーバッグ1個に対し、お湯600~800mlくらいで淹れると黒豆の香ばしさがより引き立ち豊かな香りが楽しめます。ちょっと濃いかな?というくらいでちょうどよい感じです。

また水出しといって、ティーバッグを直接水に入れてゆっくり成分を抽出させる方法もあります。お湯を沸かす手間がないので作り置きにとても便利です。味わいはお湯で淹れるよりよりスッキリとしているので、ウォーキングや運動の前後などに飲むのにも適しています。

お茶を淹れた後のティーバッグは浸したままにしておくと渋みや苦みが出てきてしまい、せっかくのメタボメ茶の味わいが台無しになってしまいます。淹れた後の茶葉はできるだけ速やかに取り除いて、スッキリとした味わいを損なわないようにしましょう。

-副作用

Copyright© メタボメ茶を初めてお試しする方へ!口コミと副作用について , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.