メタボメ茶の口コミと副作用について調べてみました。

メタボメ茶を初めてお試しする方へ!口コミと副作用について

授乳中でも安心して飲めるメタボメ茶

更新日:

授乳中のダイエットをスムーズに進めるメタボメ茶

出産は女性の体が大きく変わる時期です。妊娠期から出産にかけては体型が大きく変化したり、体重もかつて経験のないほど増えていきます。産後の体重減少は個人差が大きく、すぐに体重が戻る人と、なかなか戻らない人がいます。産後のダイエットは6か月間がカギだと言われており、その時期を逃すとなかなか痩せることが難しくなるようです。

産後6か月間と言えば、まさに授乳期。摂った栄養が母乳となって奪われていくため、いくら食べても太らない人生でも貴重な期間です。妊娠中に体重が増えてしまった人は、この授乳期を上手く利用してダイエットをすると楽に痩せられるのです。

ただ授乳期はしっかり栄養を摂らなければならないので、ダイエット方法も限られます。メタボメ茶はそんな時期にとても有効なダイエット茶です。体によい成分がたっぷり入っている上に、お茶を飲むことで充分な水分補給ができて母乳の出が良くなったり、新陳代謝も促され痩せやすくなります。なによりもただお茶を飲むだけでダイエットができる手軽さは忙しい授乳期にはとても助かります。

便秘しやすい授乳期にはメタボメ茶が効果的

授乳期は体の水分が奪われがちなため、実はとても便秘をしやすくなっています。また寝不足になったりトイレにいくタイミングをつかみ損なったり、生活環境も便秘を助長するようなサイクルになりがちです。問題なのは、母乳育児は母親が摂取した栄養素がダイレクトに赤ちゃんに影響してしまうこと。頑固な便秘に悩まされた時、今までだったら便秘薬や便秘に効くお茶などを飲んで解消できていても、授乳期には薬などを飲むことは躊躇してしまいがちです。そんな時に便秘解消に一役かってくれるのがメタボメ茶です。

メタボメ茶の原料は、ダイエットプ―アール茶、烏龍茶、黒豆、杜仲茶だけですから、体に有害なものは一切含まれていません。お茶という特性から若干のカフェインが含まれていますが、量はごく少量で、授乳期になんの差支えもない量です。また香ばしい黒豆風味の香りに包まれた束の間のティータイムは、授乳期の慌ただしい育児生活をホッと癒してくれるでしょう。またポットに作り置きしておいて気が付いた時に飲むようにするのもいいと思います。たっぷりの水分を摂るようにして、食物繊維を多く摂ったり、簡単なストレッチや腹筋運動などを心がければ、薬や便秘茶に頼らなくても自然と便秘が解消するはずです。ただ、どうしても改善しない頑固な便秘は体に毒素が溜まってしまいよくありません。その場合はお医者さんに相談して薬を処方してもらうなど、次の手を打つことも必要です。

-副作用

Copyright© メタボメ茶を初めてお試しする方へ!口コミと副作用について , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.